心に梅花を

江戸時代の唄に「寒梅や雪ひるがへる花の上」とあります。お寺の境内にはよく梅の木が植えられますが、それは厳しい冬を越えて、一番に最初に綺麗な淡色の花を咲かせるからです。

厳しい修行の中でも、咲き始めた梅の花をみると心が少し和らぎ、春が来るんだという希望が生まれます。大変な生活の中でも、一輪の梅の花のように心和らぐ時間が必要です。それによって心は活力を得て再度、頑張ることが出来るのです。

心に梅花を。前に進むために、自身の生活が大変な中にあっても一時の安らぐ時間を大切にしましょう。

大愚和尚述 一部抜粋 補足・要約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です