お金で幸せになる人、不幸になる人

「幸せをお金で買う5つの授業」 刺激的なタイトルですが、コロンビア大学の心理学の教授エリザベス・ダンと、ハーバードビジネススクールのマーケティング学の教授のマイケル・ノートンの共著の本です。 結論から言えば、一般的に生活…

ドロ沼から咲く華

「法華経」というお経の15章は「従地湧出品」といいます。大地から水や油が湧き出るように、”志を持つ人”は大地から湧き出てくると説かれます。つまりは悟りは天の上から降ってくるものではなく、地の下から湧き出てくるのだと教えて…

かけた想いと時間が特別なものを作る

「星の王子さま」という本の名前は皆様聞かれたことがあると思います。サンテグジュベリ著の世界で1億5千万冊以上売れた不朽の名作です。 あるパイロットの男の人が砂漠に不時着をして、そこである男の子に出会うところから物語は始ま…

あなたにしか出来ないことがある

ある料亭の燗番(お酒を温める当番の人)の男がいました。この男の酒の温め方気に入って好酒家が通っていました。ある時、酒の温め方の秘訣を尋ねるとこう答えが返ってきたそうです。 「二級酒を燗する時は、一級酒にない二級酒の持ち味…

握れば拳、開けば掌

先日ニュースを見ていましたら、ある飲食店さんが取材をされていました。コロナでお客さんは来ないが、仕入れた食材もあるし、家賃も払わないといけないから閉めるに閉めれないという苦悩を店主の方がお話になっていました。 放送後、コ…

大丈夫、きっと立ち直れる

「人生は、オプションBの連続」だ。 当たり前の人生(オプションA)は突然のアクシデントで途絶えてしまう。次の選択肢(オプションB)に向かい合っていかなければならなくなる。望んでトラブルに見舞われる人なんて誰もいない。 あ…

出来ることを積み重ね続ける

今日も引き続き「禅僧が教える心がラクになる生き方」からご紹介致します。 人に生きる意味なんてありませんが、なんらかの意味を感じないと生きていけない生き物でもあります。それは人間の最大の要求が「誰かから認められたい」という…

ダメな自分でも生きていい

昨日に引き続き南直哉和尚の「禅僧が教える心がラクになる生き方」からご紹介致します。 南和尚は子供の頃喘息持ちで、度々激しい発作に襲われ、絶息状態の中で何度も死ぬかもしれないと感じたそうです。それから取れない不安と同時に生…

正しく諦める

人は、人と人との間で悩む生き物であると言われます。 今日は青森の恐山の院代(住職代理)をなさっている南直哉さんの著書「禅僧が教える心がラクになる生き方」からご紹介させて頂きます。南さんが僧侶として永平寺や恐山で沢山の悩み…

他人を生かし、自分を活かす

三日坊主を乗り越えて今日も投稿させていただきます。少しでも自粛の時間を豊かにするお役に立てれば幸いです。 引き続き大愚和尚の「苦しみの手放し方」からご紹介させて頂きます。 東北の大震災の時に、カレーの材料をトラックにめい…