非檀家制のお寺

お寺には一般的に檀家制度があり、檀家さんから年会費やご寄付を頂き支えてもらう形を取っています。しかしながら日頃お寺とお付き合いが無い方も増えている中で、お寺の維持費を負担する事に違和感を感じる方も多いのではないかと思います。

当寺は檀家制ではありませんので、年会費や寄付をお願いする事はありません。一つのお寺とだけお付き合いをしなければいけないという事もありません。心安くご相談下さい。

年中行事

2月8日 (火)節分祈祷会  10時より
3月18日(金)春彼岸供養会 10時より
8月15日(月)お盆供養会  10時より
9月20日(火)秋彼岸供養会 10時より

月例行事

毎月8日     お寺参り 10時より
毎月18日28日 写経会  10時より

お寺参りについて

毎月8日をお寺参りの日として、午前10時より法要を行っております。感謝の気持ちを込めて皆様と一緒にお経をあげさせて頂き、その徳をもってご先祖様のご供養や大切な方々の幸せを祈る日です。参加料はお志です。ご参加ご希望の方は事前にご連絡下さい。

写経会について

毎月18日、28日の午前10時より写経会を開いております。まず少し瞑想をして心を落ち着けて頂き、薄く印刷されたお経を筆でなぞる形で写経をして頂けます。筆等は全てお寺で準備致しますので手ぶらでご参加下さい。参加料は1000円です。ご参加ご希望の方は事前にご連絡下さい。

 


 

ご挨拶

私は、兵庫県の神戸市で一般の家庭に生まれました。その頃、神戸で阪神淡路大震災に被災し、家も半壊で生活できない状態であり、家庭も大変だったものですから、しばらく菩提寺で預かってもらう事となりました。菩提寺とは実家のお墓があるお寺の事です。そのお寺で小学校2年生から5年生まで3年間生活をさせて頂きました。その事がご縁となり、高校から総本山で修行させて頂き、今こうして僧侶としています。

当時は、一般の家庭で生まれ育った私には分からないことばかりでした。また縁あってお坊さんの学校に入ったものの、僧侶になりたいという気持ちもまだ固まっておらず、僧侶にならなければいけないという必要性もありませんでした。そんな中で、沢山の方々と出会い、学び、仏教、さらには法華経の素晴らしさを教えて頂きました。

仏教は亡くなった方の為だけのものではありません。生きている私達、また亡くなった方々、双方にとって素晴らしいものです。その事を一般の目線で、皆様にお伝えをしていく。それが、一般の家庭に生まれ僧侶となった私の役割であり、喜びであると思っています。

略歴

山中 是道(やまなか ぜどう)
昭和六十一年生

身延山高校 仏教コース 卒業
在学中 日蓮宗総本山 身延山久遠寺にて本山生として三年間修行
立正大学 仏教学部宗学科 卒業
在学中 日蓮宗宗立 熊谷学寮にて一年間修行
在学中 日蓮宗本山 堀之内妙法寺にて三年間修行
日蓮宗信行道場 終了 日蓮宗教師となる
日蓮宗大荒行堂 初行成満 日蓮宗修法師となる
北海道 登別市 法華寺にて四年間 奉職
山梨県 身延町 七面山敬慎院にて一年間 奉職
神奈川県 藤沢市 妙福寺にて二年間 奉職
日蓮宗大荒行堂 再行成満
日蓮宗神戸教会 住職就任
※その後、神戸教会から法伝寺に改称

 

堂内

寺観

お寺の始まりと想い

私共のお寺は戦後の大変な頃、尼僧様が身近で困っている方々の為に構えた小さな相談所が始まりです。開祖の想いを大切に、身近な相談所として皆様に寄り添えるお寺で在り続けたいと思っております。どうぞ心安くご連絡頂き、お気軽にお参りくださいませ。

お寺の略歴

護国寺住職 菊池泰旭上人の弟子、妹尾妙泰上人を中心として昭和28年12月1日神戸市長田区に「日蓮宗立正結社」を設立。昭和31年12月20日妹尾妙泰上人遷化の後、三田市にあった「日蓮宗本庄結社」と併合。本庄結社元住職、菊元妙静上人が後を継ぐ。

信徒倍増し、現在の須磨区妙法寺に土地を購入し、昭和42年12月1日「日蓮宗神戸教会」と名称を変更し建立。兵庫県庁より宗教法人の認可を得る。

爾来代を重ね、平成29年3月23日に日蓮宗より認可を得て拙僧が第八世住職となる。令和3年2月1日「神戸教会」より「法伝寺」へ改称

※現在、宗門への寺号公称手続き準備中

 

ご葬儀とは

大切なご家族がお亡くなりになるという悲しみの中、こと葬儀をどうするかについて様々な不安がつきまといます。特にお寺さんにご相談する時には、しきたりやお布施など、聞きづらい事が多いのではないかと思います。そして何よりそのお坊さんが本当に自分たちの故人に対する気持ちに寄り添ってくれるんだろうか、ご心配だろうと思います。

ご心配な事、ご不安な事、すべてお答えしておりますので、まずは心安くご連絡ください。きっとお力になれると思っております。

お布施について

お布施とは本来、幾らというものではありません。しかし聞いてすごい事言われても怖いからと、避けてしまう様であれば本末転倒です。

あくまで目安としてお通夜、告別式、初七日等全て合わせまして15万円程度。一日葬の場合は10万円程度。火葬式の場合は5万円程度とご案内させて頂いております。

お戒名について

当寺ではお戒名料は頂戴しておりません。故人様のご生涯を表すお戒名をお渡しさせて頂いております。

 

ご法事とは

ご法事は残された私たちが故人の為に出来る、なによりの贈り物です。そして多様な現在では様々なご供養のカタチがあります。ですので当寺ではお話をお伺いさせて頂き、ご家族にあったカタチをご提案しております。

お布施について

お布施はあくまでお志ですので、幾らというものはありません。ただどの程度か分からないとお願いし辛いというお声も頂きますので、目安として3万円程度とご案内しています。

お寺でのご法事

昨今はご自宅でご法事をなさる方が増えて参りましたが、ご自宅より外でしたいという方もいらっしゃるかと思います。その様な場合は遠慮なくおっしゃって下さい。使用料等は頂いておりません。小さなお寺ではありますが、お気軽にお使い下さい。

 

悩んだ時はお坊さんに相談してみよう

人生には様々な事が有ります。それをどうか一人で抱え込まないで頂きたいと思います。よき第三者としてご相談をお伺いし、仏様の智慧も織り交ぜながらお話させて頂きます。

お伺いした内容は一切外にはお話致しませんのでどうぞご安心くださいませ。また料金ではなく、あくまでお気持ちをお布施頂くカタチをとらせて頂いております。何かありましたらお気軽にご相談下さい。

運勢鑑定

日蓮宗伝来の法華九星気学をもって運勢鑑定をさせて頂いております。

運勢鑑定とは、この世の中に春夏秋冬の季節があるように人生においても暖かい時期もあれば寒い時期もあります。今がどういう時期なのかを知る事です。そしてそれらはずっと続くものではなく、循環しながら進んで行くものであります。自身の期を知り、悪戯に抗うのではなく、その状況の中で自身を最大に生かせるようにアドバイスさせて頂きます。

料金はあくまでお布施ですので金額は定めておりません。何だか上手く行かないなという時はお気軽にご相談ください。